一日の摂取カロリーをどれぐらいに設定すればきちんとしたダイエットができる?

一日の消費カロリーを算出してそれより少なくする

ダイエットするための方法の一つに、食事量を少なくして消費カロリーを多くするということが挙げられます。体についた贅肉は貯金のようなもので、摂取カロリーが多い状態だとそれを溜め込んで贅肉が増えていきますし、消費カロリーが多いと贅肉を使って埋め合わせをしていくのでどんどんスリムになります。つまり、食事を減らして贅肉を強制的に使わせる状態に持っていけば体重は落ちるのです。ただ、問題は食事を減らすといってもどれぐらい減らせばいいのかよくわからないという点でしょう。知識のないまま食事制限を行うと、摂取カロリーが少なすぎて体を壊すことがあり、要注意です。体を壊さず、体重は落ちていく摂取カロリーを算出するためには、まず、現在の消費カロリーがどれぐらいなのか計算してみましょう。消費カロリーは基礎代謝と運動量でだいたいわかります。基礎代謝というのは、ただ寝ているだけで消費するカロリーで、基本的に体重が重い人ほど多くなります。

摂取カロリーをあまり減らしすぎると体を壊すので注意

一日の消費カロリーがわかったら、必ずそのカロリー量よりも少ない量を摂取カロリーとしましょう。たとえば、消費カロリーが一日2500カロリーであれば、摂取カロリーは1800キロカロリー程度にすることで、毎日700キロカロリーが足りなくなり、その分、贅肉が使われていくことになります。摂取カロリーは少なければ少ないほどいいというわけではなく、限度があります。現在の体重にもよりますが、軽度の肥満以上と判定されている状態で、一日の摂取カロリーを1000キロカロリー未満にして、それを何十日も続けると貧血による立ちくらみなどの変調をきたす可能性が高いので注意しましょう。

肥満は健康の大敵です。重度になれば命に係わる事になります。しかし一人ではなかなかうまく行きません。そこで、食生活や運動など管理体制が整った医療機関での肥満治療がおススメです。